ペルーホップの旅スタート!リマからパラカスへ 〜南米縦断2日目〜

ペルー0015
こんにちは。たけひろです。
3週間で南米を回る旅。今回はその2日目。
ペルーのリマからパラカスへ移動します。



目次
ペルーホップでリマから出発!
パラカスの宿
パラカスのご飯

ブログの応援をよろしくお願いします(^^)





ペルーホップでリマから出発!


前回書いたとおり、リマからラパスまでの移動をペルーホップという会社を使いペルーを観光しながら移動することにしました。
まずはリマからパラカスという町にペルーホップのバスで移動します。
出発は朝7時リマ発。

お宿桜子からタクシーで30分。ペルーホップの出発場所に向かいます。
ネコ公園すぐ横のマクドナルド前がバスの出発場所です。
ペルー001

ペルーホップのバスはわかりやすいです。
ペルー002
ペルーホップは移動の途中にある観光スポットに立ち寄るのも料金に含まれています。
なので、移動と観光をセットで出来てしまいます(^^)

リマを出発して初めに寄った場所はサンクリストバルの丘。
ペルー003ペルー004ペルー005
丘の近くはちょっと治安の悪そうな町が続きます。笑

丘を眺め終わってからパラカスへ再び出発。
途中朝食タイムを取ります。
ペルー006ペルー007ペルー008
釜で焼きたてのピザパンを購入。

そこから更に1〜2時間走ると次の停車場所。
Chincha slave tunnelの観光です。
奴隷の三角貿易をしていた頃の富豪の家と奴隷を運んでいたトンネルが当時のまま残されている場所。
トンネルの中には人骨も残っているのだとか。
怖い場所です。
ペルー009
と、観光も少ししながら、14時にパラカス着です(^^)



パラカスの宿


ペルーホップは提携している宿を特別価格で泊まれるオプションも持っているようで、
バス内で「今日の宿はどうしますか?」と聞かれます。
パラカスの宿は取ってなかったので、その提携先の宿に泊まりたいと伝えれば、ペルーホップのスタッフが宿の予約を取っておいてくれます。
しかも、提携の宿にいれば翌日のバスのピックアップもしてくれます。
なんと楽ちんなことか。笑

どこの町でも3つほど提携の宿があり、好きな宿を選べます。
パラカスでは「FRAYLES」という宿へ。
ペルー0010
宿は30ソル(約900円)くらいで、朝食付き、Wi-Fiあり、ホットシャワー有り、プール付きの宿でとても綺麗でした。



パラカスのご飯


到着後は自由時間です。
さっそくお昼ごはんへ。
ペルー0011
パラカスの町は海沿いのレストランは観光客向けの高いお店が多く、一本内側に入ったところに、大衆向けの定食屋さんがあります(^^)
ペルー0012ペルー0013
定食はセビーチェとラモサルタード(お肉と玉ネギとフライドポテトの炒め物)のセットで10ソル(約300円)で食べれます。
ここのご飯はなかなかうまかった!

この日は移動のみで、あとはパラカスの町でのんびりです。
ペルー0014ペルー0015
町にはペリカンがたくさんいます。
ペルー0016 
夕飯はちょっとしたレストランへ。
注文したのは焼き魚とコンチーナ・ア・ラ・パルメサーナ(帆立のパルメザンチーズ焼き)!
こちらも絶品(*^^*)
海近の町はやはり海鮮がうまいかったです!
ペルー0017ペルー0018


さあ、明日はペルーのリトルガラパゴスと呼ばれているバジェスタ島のツアーに参加してきます!

ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



今日のご飯
朝:ピザパン
昼:セビーチェ、さつまいも、ラモサルタード、ご飯
夕:魚の煮びたし、帆立のチーズ焼き、ビール

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント