アメリカのオーガニックスーパーWhole Foods Marketがすごい5つの理由

nya1.jpg

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。

今回はニューヨークで見つけた僕のお気に入りのオーガニックスーパー「Whole Foods Market」を紹介したいと思います。


初めましての方はこちら



ブログの応援をよろしくお願いします(^^)




目次

Whole Foods Marketとは

お店にはオーガニック食材やローカル食材がたくさん

365 Organic」というプライベート商品

惣菜の充実さ

とにかく安心して買い物ができる



スポンサーリンク






Whole Foods Marketとは


Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)はテキサス州を本拠地とするアメリカのスーパーマーケットチェーン店です。

アメリカ合衆国を中心に、カナダとイギリスを含めて、合計350店舗以上を展開しており、自然食品やオーガニック食品、ベジタリアン食品など健康志向の人のためのスーパーです。

また、健康志向という点においても「コカコーラを売らない」スーパーとしても知られています。



お店にはオーガニック食材やローカル食材がたくさん


nya2.jpg お店には多くのオーガニック食材が置かれています。


nya3.jpg

更にローカルと書かれた商品も多くあり、地産地消に取り組んでいるようです。


nya4.jpg

ここの並びの野菜すべてがオーガニック野菜です。


nya5.jpg

魚も多く取り扱っています。


nya6.jpg

お肉はローカルの牛肉に加え、グラスフェッド牛(牧草のみで育った牛)の肉も売っています。




365 Organic」というプライベート商品


nya7.jpg
しかし、オーガニックやグラスフェッドなどの肉はどうしても高く、手が出しづらいところがありますよね。

しかしこのスーパーでは365 Organicというプライベート商品を持っており、オーガニック商品を安く購入することが出来ます。

本当に良心的なスーパーです。



惣菜の充実さ


nya8.jpg
スーパーの中には惣菜コーナーも充実しています。

シェフチームが日々違うメニューを自然な食材を使って調理しています。

これは忙しいニューヨーカーたちにもうれしいですよね。

nya9.jpg

もちろんサラダも豊富にあります。

nya10.jpg

キムチや寿司も売られていました。


USA_01505.jpg

これは惣菜ではありませんが、スムージーも置かれています。


nya12.jpg

さらに、店舗によってはカフェスペースもあり、買ったお惣菜をその場で食べることも出来ます。当然無料Wi-Fiも完備です。



とにかく安心して買い物ができる


僕がこのスーパーを気に入っている理由はとにかく安心して買い物ができる点です。

やはり、スーパーで買物をする際は何が入っているのか、遺伝子組み換え食品は含まれていないかを気にするのですが、Whole Foods Marketなら特に気にすることもなく買うことが出来ます。


消費者が安心できるって一番大切なことだと思います。

本当にこうした大きなオーガニックスーパーが日本にも欲しいと強く思います。




世界一周ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント