砂漠の中の芸術の街「マーファ」がすごい!マーファのオススメのお店まとめ 〜アメリカ横断10日目〜

USA_011.jpg
前日のメキシコ料理の辛さで、一緒に旅しているたかさんがお腹をやられました。笑

こんにちは、たけひろです。


ブログの応援をよろしくお願いします(^^)





目次



走行ルート(354km)
エルパソ〜マーファ
ごいふぁ 

スポンサーリンク









砂漠にポツリとある「PRADA」


国境の街エルパソを後にして、目的地はマーファという小さな町です。


マーファに向けて何もない道をいつものようにひた走ります。
USA_012.jpgUSA_013.jpg
けっこうなれてしまったのですが、ここ数日間はずっとこんな道を走っていました( ´ー`)



こんな何もない場所にぽつんとお店が現れました。
USA_014.jpgUSA_015.jpg
PRADAです。
実はエルパソとマーファの間くらいの何もない場所にPRADAがあるんですよ。
USA_016.jpg
ほんとに何もない場所です。笑

USA_017.jpg
実はこのPRADA、お店としては機能してなくて、一つのアート作品だそう。
砂漠の中に置かれたお店が風化していく様を見ることができる作品なんです。
すでに建てられてから11年が経過しているそうで、建物もすこしボロくなっていました。
USA_018.jpgUSA_019.jpg
いちようお店の中にも商品は飾ってあり、靴や鞄も風化していってました。


USA_0110.jpg
とりあえず三人で記念撮影。笑
しかし、よくこんなところに建てましたよね。
発想も面白いです。

ほんとに何もない場所で最初は気が付かずに通り過ぎちゃったんですけど、
引き返して見つけました。笑




おしゃれな町マーファを散策


このマーファという町は一緒に旅をしているだいきさんが一番行きたいといっていた町。
なぜかと言うと、この町には東京のセレクトショップが買い集めるファッションブランドが多くあるそうで、町にはおしゃれなお店がたくさんあるそうです。
僕とたかさんのファッションの先生であるだいきさんがそういうのだから、期待できます(^^)

そんなこんなで、エルパソから4時間位車を走らせて、着きました!マーファ!
USA_0111.jpgUSA_0112.jpg
ぜんぜんおしゃれな写真じゃないですよね。笑
マーファにはこういう廃墟やよくわからない建物が残っていました。

マーファは昔、軍事基地として使われていた土地らしいのですが、
1970年頃、有名なドナルド・ジャッドというアーティストが土地を買い取り、作品をこの地に集めたそう。
マーファがアートの町と呼ばれるようになったのはそれが始まりだそうです。
USA_0114.jpg
僕らはジャッドというアーティストを知らなかったのですが、ミニマルアートのアーティストとしてかなり有名な人だそうで、町には作品が展示してあり、見ることができます。


そんな感じで町の歴史背景を勉強したところで、お店の散策をスタートです!
初めに向かったお店がここ「EL COSMICO」
USA_0115.jpg
ここはおしゃれなキャンピング施設が有名で、そこに併設しているショップも有名みたいです。
USA_0116.jpg
まずはショップから拝見!!
USA_0117.jpgUSA_0118.jpgUSA_0119.jpgUSA_0120.jpgUSA_0121.jpgUSA_0122.jpg
おしゃれな雑貨やTシャツいろいろありました。
特に気に入ったのがこれ。
USA_0123.jpg
おしゃれガウン。しかも浴衣に近い形をしていて気に入りました。(買ってないけど。笑)

そしてキャンピング施設のほうはこんな感じです。
USA_0124.jpgUSA_0125.jpgUSA_0126.jpgUSA_0127.jpg
こういうおしゃれなキャンピングカーに泊まれるみたいです。

広場ではパーティーなんかもやっていました。
USA_0128.jpgUSA_0129.jpgUSA_0130.jpgUSA_0131.jpgUSA_0132.jpg
結婚式の二次会?的なパーティーみたいで、おしゃれな人がたくさんいました。
テキサスの人はジーパン、ブーツにカウボーイハットの人とか普通にいるんですけど、かっこいいです。


次に行った店が、「COBRA ROCK」
というお店。ブーツをメインに扱っているお店ですね。
USA_0133.jpg
USA_0134.jpgUSA_0135.jpgUSA_0136.jpg
お店はカップル二人で始めたそうで、日本でも人気になってきています。
日本で買ったらこのブーツ10万くらいするそうです。笑
USA_0137.jpgUSA_0138.jpgUSA_0139.jpgUSA_0140.jpg
商品のすぐ横にはこうした制作道具が置かれていました。

USA_0141.jpg ここで革の財布を買うと、お店の人がイニシャルも入れてくれます。

とりあえず目的の2つのお店は回り終えたのですが、お店の人からマーファオススメのお店を教えてもらったのでそちらも行ってきました。

USA_0142.jpg
「WRONG」というお店。雑貨屋さんですかね。
USA_0143.jpg
お店の前の植物がすごかったんですが、お店の中もすごかったです。
USA_0144.jpgUSA_0145.jpgUSA_0146.jpgUSA_0147.jpgUSA_0148.jpg
木を加工して雑貨を作っているお店なのか、お札や拳銃などは全部木でできていました。
雑貨もかわいい。

次に行ったのはここ「Garza」。絨毯やクッションをメインに扱っているお店ですね。
USA_0149.jpgUSA_0150.jpgUSA_0151.jpgUSA_0152.jpg
ここもまた素敵なお店でした(*´Д`)


最後はマーファで一番美味しいとオススメされたマーファブリトーのお店へ
USA_0153.jpgUSA_0154.jpgUSA_0155.jpgUSA_0156.jpg
お店はちょっと汚いけど、やはりおしゃれなお店です。

USA_0157.jpg
来ました!ブリトー(^^)
USA_0158.jpg
アメリカではブリトーは色んな所で食べれますが、ココのお店はオーダーを受けてからブリトーの生地を焼き始めるので、生地がめっちゃおいしい!
しかも、具にはお肉は入っておらず、豆とポテトがメインですがこれまた良い塩加減なんですよ。
特性のハラペーニョソースをかけたら、ぴりっとしてまた変化があって美味しい!
これは、アメリカ来て食べたブリトーの中で一番美味しかったです(*´Д`)


マーファも堪能したので、宿がある隣の町のアルパインへ移動しました。
ここの町には100年以上続くカウボーイのお店があったので、覗いてきました。
USA_0159.jpgUSA_0160.jpgUSA_0161.jpg
ガチの鞍売ってますヽ(゚∀゚)ノ
ほんとに、地元のカウボーイが買っていくお店なんですかね。笑
テキサスは本当にウエスタンの文化が残っているんだなーって感じました。





夕飯はアメリカンサイズのピザ


夕飯は日本でも大人気のビザハットへ。
日本にあるお店は、アメリカのチェーン店が本当に多いなとこの旅で感じさせられます。

アメリカのピザハットは出前だけではなくお店の中でも普通に食べられるので、今日はお店で食べました。

アメリカのピザはやはりでかいですね。
Lサイズがなんと36cm
どれくらい大きいかというと、
USA_0163.jpgUSA_0162.jpg USA_0164.jpg
このサイズです。笑
アメリカンサイズに改めて驚かされます。
彼らはこれにフライドチキンとコーラを注文するのだからびっくりしますね。
僕らは男三人でLを二枚頼んだのですが、食べきれませんでした。笑

そして、このお店で一番印象的だったのが、
僕ら以外のお客さんがみんな肥満体型だったことです。
6組お客さんがいたのですが、グループの中に少なくとも1人は肥満がいました。
恐るべし、肥満大国アメリカ。
しかし、食べているものを見れば理解できますね。笑





今日の食事
朝:シリアル、ヨーグルト
昼:ブリトー
夜:ピザ
野菜食べたいε≡≡ヘ( ´Д`)ノ




世界一周ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント