アンテロープ・キャニオンはすごかったけど・・・ 〜アメリカ横断6日目①〜

USA_00481.jpg アメリカの時差の変わり目が未だによくわかってません^^;

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。


今回はグランドサークル3日目!

アンテロープ・キャニオンを目指します!



目次

あ、ザ・ウェーブ行けない。。。

アンテロープ・キャニオンはツアーでしか行けない

いざロウワーアンテロープ・キャニオンへ




走行ルート

カナーブ~アンテロープ・キャニオン

jげふぉいj 





スポンサーリンク











あ、ザ・ウェーブ行けない。。。


昨日の宿はカナーブという町に泊まりました。

このカナーブという町はザ・ウェーブのアクセスするための町。

ザ・ウェーブとはここですね。

TheWave_1600pixels.jpgこの場所は一日に20人までしか入れず、毎日この町で抽選会が行われています。

それに参加して見事当選したら今日はザ・ウェーブに行こうと思っていまいした。

ハズレたら諦めるつもりでいました。


が、、、

ちゃんと調べたら抽選会は当日の入場券の抽選ではなく、翌日の入場券の抽選なので今日はザ・ウェーブに行けないようです(・・;)



それでは、

日程が足りない・・・



一日分しか日程を取って置かなかったため、今日行けないことがわかった瞬間にザ・ウェーブの道が絶たれてしましました。笑

下調べって大切ですね。笑


ザ・ウェーブに行こうと思っている方は注意してくださいね。

日程を3日確保しても、抽選のチャンスは2回ということですよ。





アンテロープ・キャニオンはツアーでしか行けない


そんなこんなでザ・ウェーブを諦めました。

ザ・ウェーブが当たった場合とハズレた場合の予定をどちらも立ててたので、

ハズレたときの予定であったアンテロープ・キャニオンに向かいます。


アンテロープ・キャニオンとは極端までの幅の狭さと幻想的な造形で絶景として知られている場所です。

砂漠にときおり降るスコールが、地面を侵食するよりも早く低いところへ流れ込み、強力な鉄砲水となり、比較的柔らかい砂岩を削り、侵食した場所がアンテロープ・キャニオンです。別名スロットキャニオン、コークスクリューキャニオンとも呼ばれています。



このアンテロープ・キャニオンはアッパーアンテロープ・キャニオンとロウワーアンテロープ・キャニオンと見どころが2つあります。

アッパーアンテロープ・キャニオンは太陽が上に登ると一本の光が差し込んできてとても綺麗な景色が見える場所です。しかし、時間に左右されるため時間を調整して行く必要があります。

ロウワーアンテロープ・キャニオンはアッパーアンテロープ・キャニオンよりもずっと長く、深く、狭い場所です。そのためアッパーアンテロープ・キャニオンよりも楽しめると言われています。

以前は各自で回れるようになっていたそうですが、僕らが行った時はアッパーもロウワーもツアーでないと行けないようになっていました。




いざロウワーアンテロープ・キャニオンへ


僕らはロウワーアンテロープ・キャニオンの方へ参加することいしました。

パーキングすぐのところにツアー会社が2つあったので、とりあえず建物が綺麗な方をチョイス。

USA_00407.jpg

KEN’STOURSさんにお世話になります。

大人120ドルだったと思います。


チケットを買って集合時間の9時になるとグループを3つにわけられます。

USA_00409.jpg

ガイドから自己紹介といくつか説明があり、いざ出発。

青いTシャツを着た彼がガイドです。名前は聞いてなかったので僕らは勝手にKENと呼びました。

ちなみにKENのアンテロープ・キャニオンの説明はかなり単調です。笑

USA_00410.jpg

砂漠をサクサク進んでいきます。

しかし、すごい観光客の数です。

USA_00412.jpg

前のグループを待ったり、ガイドのKENの説明を聞いたり、歩いたりして15分。

とうとうアンテロープ・キャニオンに到着です。階段をくだった先にあるようです。

こういう階段ってワクワクしますヽー`)

いざ!!



KENのあとをついていくと

USA_00482.jpg 







USA_00481.jpgUSA_00418.jpg

USA_00478.jpgすげー!!

マジで幻想的な空間!!

きれいすぎ。。。




しかし、今回の写真が綺麗に取れてるのは実はガイドのKENのおかげ。

というのは、アンテロープ・キャニオンに入る前にKENが一眼レフでアンテロープ・キャニオンを綺麗に取る設定を教えてくれたからです。

ISO3200WBくもり(6000K)だと綺麗に撮れます。




ガイドのKENはどうやら写真を取るのが好きらしく、ポイントがあると

「写真とってやるよ!」

とカメラを欲しがります。笑

アンテロープ・キャニオンに入ってから急に元気なKEN。

USA_00420.jpg USA_00453.jpg

KENが撮影してくれました。



歩いていると日が差している場所もありました。

USA_00467.jpgUSA_00468.jpg

これを見るとおもむろにKENが下の砂を空中にばらまき始めました。

すると、

USA_00484.jpg 

おぉ!砂を散らすと光が入ってきてるのを撮りやすいのか!!さすがKEN(・∀・)


ちなみにKENはこんなやつです!

USA_00447.jpg

外にいた時は全然しゃべらなかったくせに、アンテロープ・キャニオン入った途端にめっちゃ機嫌よくなってました。

KENはアンテロープ・キャニオンと写真が好きなんだなー。






しかし、ロウワーアンテロープ・キャニオン長い・・・

かれこれ1時間くらい歩いてる。笑

観光客が多すぎて全然進まない。。。

僕ら若干飽きちゃいました。笑




やっと出口。

USA_00488.jpg

こんなところからでてきました。


全体はだいたい400m~500mといったところでしょうか。

その距離を1時間かけて歩くとは。


アンテロープ・キャニオンすごかったんですが、日本の観光名所みたいに人がいすぎて感動が半減してしまいます。

人気になりすぎるのも考えものですね。



そして、ガイドのKENは外に出ると疲れたのか、足早に事務所に行ってしまいました。笑






さて、グランドサークルはここで終わりです。

次は世界的パワースポット「セドナ」へ向かいます。

ここがいい場所だった(*´Д)





世界一周ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

> こんにちは。
>
> 写真、めっちゃよいです!
> KENに会いに行きたくなりました。笑

コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ
KENいいやつでした。笑
アンテロープ・キャニオン言った際はKEN’Sツアー使ってあげてください。

こんにちは。

写真、めっちゃよいです!
KENに会いに行きたくなりました。笑