予防接種ちゃんと受けた?世界一周前に射っておきたい予防接種の種類と予算

-shared-img-thumb-SAYA072171907_TP_V.jpg 
こんにちは。
たけひろです。

世界一周する前に予防接種受けなきゃなーと思いつつ、
種類がたくさんあって、どれを受ければいいかわからない。
正直調べるのもめんどくさい。

そう思っている方もいるのではないでしょうか?


今回は僕が受けた予防接種の種類と予算、それにかかる時間も紹介していきます。

スポンサーリンク








受けておいたほうがいい予防接種の種類


5967597824_6ce5912595_z.jpg 

予防接種はどれを受けたほうがいいのか。
もちろん決まりはないので行く国によって異なるものではあります。
ただ、行く国なんてその時々で変わるものでもあります。僕も行く国を完全には決めてませんから。

なので、僕はTABIPPOさんの世界一周ゼミで紹介されたものを受けました。

受けた方がいいものとして、

黄熱病
A型肝炎
発症風

この3つです。

TABIPPOさんのゼミではこの他に、

ポリオ
狂犬病
B型肝炎

この3つも余裕がある人は受けた方がいいと言っていました。
受ける種類はみなさんの予算に応じて決めていくのがいいと思います。


予防接種の予算


-shared-img-thumb-UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg 
今回は東京で黄熱病の予防接種ができる日本検疫衛生協会さんで予防接種をうけました。
ので一例として、日本検疫衛生協会さんで
黄熱病、A型肝炎、発症風を受けた場合の予算を紹介します。

黄熱病 :¥12,300
A型肝炎 :¥8,900
発症風 :¥3,700

黄熱病は1回、A型肝炎と発症風は2回受ける必要があるので、
A型肝炎 :¥8,900×2回=¥17,800
発症風 :¥3,700×2回=¥7,400

なので、
黄熱病 :¥12,300
A型肝炎 :¥17,800
発症風 :¥7,400
となり、

合計で、¥37,500
となります。


ちなみに僕の場合は幼少期に発症風の予防接種を一度受けていましたので、発症風は1回で済みました。


予防接種は意外と時間がかかる


5374200948_539b10fb1c_z.jpg 

予防接種は意外と時間がかかります。

一回の注射自体は数分で終わるのですが、A型肝炎を打つのに2週間開けなければいけません。

また、黄熱病を受けるのにA型肝炎をを受けた後、1週間は開けなければいけません。

そのため、こちらの3種類を受けるためには3週間から1ヶ月ほどかかってしまいます。

出発前にサクッと受けられると思っていたのですが、意外と時間がかかりますので、予防接種を受ける方は遅くても1ヶ月前には日程を決めてしまいましょう。

早いに越したことはないですよ。






ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓











スポンサーリンク
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!  日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。