8月乾季のウユニ塩湖サンライズツアーが寒すぎる 〜南米縦断16日目〜

ボリビア00005
8月のボリビアは乾季。
ウユニ塩湖の鏡張りシーズンの雨季とは真逆の時期です。
ボリビアにはあまり寒暖差はありませんが、7月8月が一番寒いそう。
そんな中のサンライズツアーです。


目次
地獄のサンライズツアー
ウユニの町を散策

ブログの応援をよろしくお願いします(^^)





地獄のサンライズツアー


昨日はサンセットツアーに参加してきて、この日はサンライズツアーに参加することになっていました。
サンライズツアーは夜明け前から出発するため5:30に穂高ツアーズのオフィス前に集合とのこと。

6時くらいに塩のホテルに泊まっているみささんと昨日一緒だった中国人の人たちをピックアップして、鏡張りのスポットへ。
あたりはまだ真っ暗で、ひとまず日が昇るのを待ちます。
ボリビア00001
が、外は極寒(;・∀・)
外で待ってなんていられないので大人が7人車にこもって朝日を待つシュールな形になりました。笑

徐々に太陽が登ってきました。
ボリビア00002
空の色が綺麗です(^^)
ボリビア00003ボリビア00004
ただし、寒すぎて5分も外にいられない^^;


西の空も色づき始めました。
コントラストがとても綺麗です(^^)
ボリビア00005 
待つこと2時間ほど。
お天道様が登ってきました(^^)
ボリビア00006ボリビア00007
これにてツアーは終了。
綺麗は綺麗なんですが寒すぎた。笑


ウユニの町を散策


ボリビア00008
サンライズツアーは8時頃にはウユニの町へと戻ってこれます。
みささんは午後からウユニの火山ツアーに参加するみたいですが、僕はこの日は1日ウユニの町の散策にあてました(^^)


朝は市場が立ち始める時間で、朝食の屋台もいくつか出てました。
エモリエンテというペルー発祥のお茶で数種類の香草を煮出して、そこにザクロやアロエから作ったエキスを加える香草茶。
地元では健康茶として昔から飲まれているそうです。ボリビア00009
ボリビア000010
飲んでみると意外とさっぱりしてて、とても温まりましたε-(´∀`*)

朝食はリョマの炒め物。
ボリビア000011ボリビア000012
どうやら観光用ではなくこの地域の人達は昔からリャマを食べてたみたいですね。
ウユニのツアー中に食べたリャマよりおいしかった(^^)

ちなみにリャマってこれです。
Lama_(1).png
かわいいですが、この国では食用です。笑
ウユニは町も人もゆっくりしているところでした(^^)
ボリビア000014ボリビア000015ボリビア000016ボリビア000017ボリビア000018ボリビア000019 
町を歩いていると謎のジューススタンド。
ここフレッシュジュースとか飲めるみたいなんですが、何故かビールもおいてありました。
ボリビア000020
とりあえずビールのやつを注文すると、ビールとバナナと牛乳と生卵と砂糖を入れてミキサーにかけ始めます。笑
写真の茶色い液体がビール入りのドリンク。
とってもモッタリとした飲みくちでビールのコクと苦味が牛乳やバナナと砂糖の甘みと調和していて意外とおいしかった!
僕意外にも何人か飲んでいたので、ボリビアでは有名な飲み方なのかもしれません。


夕飯はボリビアらしいものを食べようと思い町を散策するのですが、この町にはローカルな食堂が少なかったです。
あるのは鶏肉屋さんかハンバーガー屋さん。笑
仕方なく、レストランで食べることにしました。

ボリビアの代表料理ピケ・マチョを注文。
だがしかし、1時間待っても出てきやしない。
店員に早く出すように伝えても、いっこうに出てこない。
急ぐ素振りも見せないのがやっぱり海外だなと感じて、嫌気が差したのでお店を変えました。

やっと食べられます(^_^;)
ボリビア000021
ピケ・マチョは牛肉やソーセージ玉ネギなどの野菜甘辛のタレで炒めフライドポテトの上に乗せたなんともジャンキーな料理です。
芋が主食で肉食文化の真骨頂といった料理ですね。
でも、やっぱり美味しいんですよね。
美味しいものは脂肪と糖で出来ているとはまさにこのことです。笑


さて、南米横断も終盤戦です。
次回はボリビアの国境を超えてチリのアタカマへ向かいます(`・ω・´)ゞ


ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



今日のご飯
朝:リャマと鶏肉の炒め物、ごはん
昼;鶏肉のグリル、サラダ、ごはん
夕;ピケ・マチョ(牛肉と野菜の炒め物とフライドポテト)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント