標高約3000m!マラスの塩田ツアーに参加してきた 〜南米縦断12日目〜

ペルー_0000008
こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。
時間削減のため、今回はクスコ郊外の見どころを回るツアーに参加。
普段だったら自力で行くのですが、たまにはツアーもいいかもしれないと思いました(^^)


目次
アルパカの織物
マラスの塩田
モライの畑
ペルーグルメ
クスコ脱出

ブログの応援をよろしくお願いします(^^)




アルパカの織物


さて、今回のツアーはチンチェーロ、マラス、モライと回ってクスコに帰ってくる半日ツアーになるので朝から出発してクスコ郊外へ出発です。
もう早起き慣れました。笑
ペルー_0000003 
チンチェーロではこの地域の人たちの仕事であるアルパカの毛を使った織物の説明を受けました。
ペルー_0000001ペルー_0000002ペルー_0000004ペルー_0000005ペルー_0000006
初めはきったない毛なんですけど、いろんな着色料使って綺麗に色付けするんですね(^^)
こんな感じで40分くらいのデモンストレーション見たりコカ茶振る舞われたりでした。
チンチェーロの町の雰囲気とか見れるのかなと期待してたのですが、町の散策時間はありませんでした(;´д`)
残念。。。


マラスの塩田


気を取り直してバスで移動です。
チンチェーロからマラスはそんなに遠くありませんでした。
ペルー_0000007
見えてきました!塩田!
すげーでかいです!

到着後こちらは入場料に10ソル必要になりました。
ペルー_0000008
これはすげーってなりました!
山肌に塩田が広がるこの風景は不思議でしたね。
ペルー_0000009ペルー_00000010ペルー_00000011
なんでこんな高所に塩田があるかというと近くの温泉に秘密があるそうです。
その温泉は塩分が高く、棚田で天日干しにして蒸発させて塩を作っているそう。
ミネラルが豊富で味見しましたが、塩のうまみをしっかりと感じるお塩でした。
これは料理に使ったら絶対おいしいわ!!
お見上げは塩をいくつか買ってしましました。
重いのに(^_^;)笑


モライの畑


ペルー_00000012
そして、続いて訪れたのがモライです。
ここはインカ時代の農業試験場だったそうです。
ここの何が面白いかというとその畑の形です。
ペルー_00000013ペルー_00000014ペルー_00000015
見ての通り大きな丸い段々畑がそこに広がっていました。
ここの最上層と最下層では温度が5〜10度違うんだとか。
この温度差を利用して、いろいろな作物を育てていたと言われているそうですよ。
高所に住むって大変そうですが、いろいろな工夫をしてたんですかね。



ペルーグルメ


ということで半日ツアーを終えて、3時前くらいにクスコへ戻ってきました。
明日にはペルーもお別れということで、今日は食べ損ねたペルー料理を食べようといつも行かないレストランへ。
注文したのは
チチャ・モラーダという紫色のトウモロコシジュース
パパ・ア・ラ・ワンカイーナという茹でたじゃがいもにチーズを使った濃厚なソースがかかった料理
アヒ・デ・ガジーナという鶏肉と牛乳をスパイスを聞かせて煮込んだペルー風カレーライスみたいなもの。
ペルー_00000016ペルー_00000017
まずはチチャ・モラーダとパパ・ア・ラ・ワンカイーナがでてきました。
チチャ・モラーダは見た目はすごい色してますが、飲んでみると少し甘めですが、さっぱりしててとても美味しいんですよ。
これはペルーの人みんな好きなジュースらしいです。
そしてパパ・ア・ラ・ワンカイーナ。
お芋は素朴なあじですが、濃厚なソースが絡み合ってコクが有りおいしい!これはいくらでも食べれそうな感じでした(^^♪

そして程なくメインが出てきます。
ペルー_00000018
あ、失敗したなと思ったのが、なんか見た目がおんなじ感じ。笑
実際食べてみると似たような味がしました。笑
芋かチキンかの問題であとほとんどおんなじでした。笑
でも、ソースがおいしいので普通においしかった(^^)


そして、あっという間に夜になって、夕飯の時間。
夜はとうとうあれを食べようという話になりました。
そう。クイです。
クイとは食用のモルモット。
ネットで調べればいろいろ出ますが、こいつです。
ペルー_00000019
まるごと一匹素揚げにしてたべるんだそう。笑
これが伝統料理。笑

ですが、一緒にいたみささんはこういうのNGだそうで、僕だけたべることになりまた。
でも一人で一匹ってちょっとしんどそうだったんで、1/2のものを注文。
そしたらなんだかおいしそうなのが出てきました。
ペルー_00000020
これなら食べやすいですよね(^^)
実際、おいしかったです!
少しクセがありますがジューシーでした。
この感じならクイと言われなければ自然に食べれそう!なんて思えるほどでしたね。

しかし、いろんな食べ物があるなーと感心しました。笑


クスコ脱出


さて、この日はクスコからプーノまで夜行です。
PERU HOPのバス停は町から少々離れているのでタクシーで向かいました(6ソル)。
ペルー_00000021
ちなみにパス亭はここ。
ボリビアに行くのでバスはPERU HOPからBOLIVIA HOPへ。
しかしクオリティは変わらずですね。
いつも通り名前を確認してバスに乗り込みます。
この日のバスは最高で、大型バスに乗車する人は僅か十数名。
席が二席使える計算でした。
しかも席が普通の長距離バスより圧倒的に広い!!
普通より快適な夜行バスで向かうことができました。
やっぱりPERU HOP BOLIVIA HOP最高だわ(*´ω`*)


さて、次回はついにペルーとお別れしてボリビアに向かいます(`・ω・´)ゞ


ブログランキング参加中です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今日のご飯
朝:無し
昼:チチャ・モラーダ、パパ・ア・ラ・ワンカイーナ、アヒ・デ・ガジーナ
夕:クイ、グラスワイン

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント